本文へ移動
 大きくなったら何になる?・・・音楽を通してこころを育てるヤマハから始めよう 
 ピアノコースも受付中
       わたしは音楽も            英語もヤマハ
お問合せ・お申込み:みずほ楽器✆0855-24-2111
❝未来へつなぐ❞
ピアノ買取り
お見積りは無料!!
 
ピアノ調律・修理・クリーニング・レンタルサービス
お問い合わせ下さい。電話 0855-24-2111(9:30~18:30)
  やさしいピアノの音色には心を癒されます。
  大切なお子様や、お仕事で疲れた大人の方本物のピアノがおすすめです。
  中古ピアノも多数取り揃えております。
  夜の練習用には消音装置もお取り付けできます。
  ピアノのご購入は、みずほ楽器まで。
      電話 0855-24-2111
大切な楽譜や書籍が手に取ってご確認頂ける!!
・・・お店ならではのサービスです。
 
 
1曲づつ買って頂ける「D-STYLE」始めました。
ご来店をお待ちしております。
ギター・ウクレレのお取り扱い、
張弦、調整、修理承っております。
    音楽教室の生徒さんのコンサートや
    お客さまに気軽に参加していただける店頭ライブなど、
    さまざまなジャンルの楽しいイヴェントを開催しています。
      ぜひご来場下さい。
 
各種選定した管楽器をお取り扱い致しております。
リードやメンテナンス用品も多数取り揃えております。
理はみずほ楽器まで。
電話 0855-24-2111
 
音響機器・オペレーター
オンライン配信のお問合せは
みずほ楽器まで
経験あるスタッフが対応いたします。
0855-24-2111
 
 
当店でペイペイ使えます。
 
 
有限会社みずほ楽器
〒697-0022
島根県浜田市浅井町1585
TEL.0855-24-2111
FAX.0855-24-2112

書籍

書籍

ジョン・レノン 誰が彼を殺したのか
  • ジョン・レノン 誰が彼を殺したのか
    • ジョン・レノン 誰が彼を殺したのか

何をしたかではない。どう生きたかである。

ジョン・レノン 誰が彼を殺したのか

販売価格3,080円(税込)

ベストセラー作家レスリー・アン・ジョーンズが、ジョン・レノンを描き出す。

ジョンはずっとスターだった。若者にとってはアイドルであり、哲学者でもあった。しかし、人々はあまりにも多くのことを彼に求めた。彼はスターであると同時に、ひとりの不完全な人間でもあったのに。私たちが知っているジョンは、ほんの一部分でしかない。ジョンとはいったい何者だったのか。本当の意味で、ジョンを“殺した”のは誰だったのか。

母親には二度捨てられたとジョンは言う。学校では体罰を受けた。大人になっても人間関係で多くの問題を抱え、他人をひどく攻撃した。家庭内では暴力を振るい、数多の浮気をし、息子に精神的な虐待さえ加えた。そんな彼が、オノ・ヨーコと出会って変わった。ビートルズ人気真っ盛りの頃に、ジョンは仮面を捨てたのだ。

【本書より】
「巷にあふれるジョンのよくある伝記本を書くつもりはなかった。本書はそのような代物ではない。本書では、ジョンの没後40年にあたり、そのいくつもの人生、いくつもの恋愛、いくつもの死を独自に模索している。万華鏡であり、観想であり、内省である。ジョンとは一体何者だったのだろうか? この件について、あの件について、どう思っていたのだろうか?『ジョンの抱える矛盾を理解したい』『いつ、なぜ彼が死んだのかを理解したい』という欲求に駆られて本書を執筆した。」


■出版社/ヤマハミュージックメディア

■単行本(A5判縦):408ページ

■発売日/2021年6月29日

【目次】
【目次】
■序章 エコー
■第1章 カム・トゥゲザー
■第2章 捨てられて
■第3章 ジュリア
■第4章 シンシア
■第5章 モナ
■第6章 地獄の業火(インフェルノ)
■第7章 スヴェンガリ
■第8章 5人目(クイントゥス)
■第9章 米国進出(アメリゴ)
■第10章 アルマ
■第11章 生きている間に(リヴィング・イヤーズ)
■第12章 贖罪主(リディ―マー)
■第13章 ヨーコ
■第14章 砂地獄(クイックサンド)
■第15章 啓示(リヴェレイション)
■第16章 変身(メタモルフォーシス)
■第17章 キョーコ
■第18章 メイ
■第19章 再生(リザレクション)
■第20章 再演(リプレイ)
■第21章 最終楽章(フィナーレ)

■コーダ
主なできごと年表~デイズ・イン・ザ・ライヴス~
言い換えると
ジョンへのトリビュートソング
音楽作品
参考文献とおすすめツアー
2022年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 火曜定休
  • 休業12/31~1/4、5/3~5/5
  • 夏季休業8/13~8/16、棚卸8/31

0
9
3
6
6
5
TOPへ戻る