みずほ楽器生徒さんの
LEGO基本セット(赤いバケツ)プラスを使った
小さなWEB作品
2015年8月12日~

ある日、我が家にあったLEGOを音楽教室に持って行きました。

子供たちがLEGOを卒業したためです。
 
「ものづくりの楽しさ」を、
「作品を仕上げた喜び」を、
味わってほしかったからです。
2015.8.12 
誰の作品かな?
2016.8.25

8/12~というのは・・・特に意味はなく・・・

私が、みずほ楽器の事務所に行く途中のロビーに置いてあるLEGO(赤いバケツ)で
子供たちが遊んでくれているのをみて、とても嬉しく思ったことがきっかけでした。

1~3歳位のお子様が、お母様と二人で待ち時間を利用して、
作品を作ったり、壊したりして
レッスンの時間が来るのを待ったり、
兄弟・姉妹のレッスンが終わるのを待ってくれていて

そのあと、きれいに飾ってあることが時々あるのです。

作品の出来栄えが良くって壊したくなかったのでしょう。

このまま壊して片づけるのがもったいなくて、
残っている作品を鑑賞したり写真に撮ったりしておりました。

誰のものかは、すでに分からなくって、
曜日や時間で想像しながら見ていました。

使いっぱなしで散らかされているなどの記憶は、あまりありません。

そこが、親子の触れ合いの場であったり、
ものづくりを楽しむ場になったり美術館になったり

音楽教室ですが、
音楽以外でも、子供たちの成長を見ることができ
良かったといつも思うのです。

すでに、成人になったお子さんもおられます。

また、いつの間にか赤いバケツがもう一つ増えていました。

残っている写真を、ここにアップしておこうと8/12(今日)
ふと思い立ってのことでした・・・

少しづつUPして参ります


~楽器店にいるけどLEGOを作る子供たちのファン~


ページのtopへ